2020年度  秋季リーグ戦 戦評


10月3日(土)

vs 関西大学

関西学院大学  3  25-21  関 西 大 学 
25-23
25-20
 
 
先発メンバー 

#2 岸本

#4 星川

#20 坂本

#22 瀧川

#25 尾曲

#26 久永

L #14 藤川

途中出場 

第1セット

#26 久永 → #18 脇谷

第2セット

#25 尾曲 → #18 脇谷

第3セット

#4 星川 → #28 平井

戦評 

第1セット

初得点は関学のエース、岸本(国4)が相手のブロックを弾き飛ばすパワフルなスパイクだった。更に岸本が得点を重ね、その後を追うように久永(文1)のクイックアタックやブロックで得点を稼ぐ。1年生ながら堂々としたプレーで活躍し、10-6と4点リードする。中盤、岸本の強烈なスパイクとジャンプサーブによって更に勢い付いた関学は、15-9と6点差をつける。その後、小さなミスが続き点差が縮まるが、岸本がブロックをもろともしないスパイクで流れを切る。19-14でピンチサーバー脇谷(理2)が投入され、絶妙なコースを攻めて見事サービスエースを取る。完全に流れをつかんだ関学は、そのまま切らすことなく25-21で第1セットを先取する。

 

第2セット

序盤、シーソーゲームが展開され中々リードすることができない。相手のトスワークにブロックが対応できず、6-8と点差が開く。キャッチも少し乱れ苦しいトスになっても岸本が決め切り10-10と追いつく。リベロ藤川(教3)が粘りのレシーブを繋ぎ、岸本が決め切ったことによって徐々に流れを掴んでいく。瀧川(人2)のコートに突き刺さるスパイクや、坂本(社2)のテクニカルなブロックアウトによって19-17とリードを保つ。しかし、サーブミスや相手の強烈なスパイクによって22-22と同点に。そこで久永が意地を見せ、スパイクを決め切る。最後は本日3点目となる久永のブロックによって25-23でこのセットを取りきる。

 

第3セット

序盤、瀧川が最後までボールを追いかけて繋ぎ、見事1点目を勝ち取る。星川(人4)のツーアタックや、岸本の3枚ブロックを突き破るスパイクによって6-3とリードする。中盤も勢いを落とすことなく次々とパワフルなスパイクで得点を重ね、19-12と相手を引き離す。終盤、要所でミスが見られるが、途中出場した平井(経1)のトスワークによって相手を翻弄し、25-20でこのセットを取りきる。

3セット目にして、粘りのプレーや攻めの姿勢で関学らしさが発揮された。また、瀧川の相手コートをよく見て決めるスパイクや、坂本の安定したレシーブから自分でスパイクを決め切るプレースタイルが見られ、2年生の昨年よりも成長が感じられる試合だった。

 

結果、セットカウント3-0で関西大学に勝利する。(法4 今村)

10月11日(日)

vs 同志社大学

関西学院大学

 2

20-25   3 同志社大学 
25-27 
25-21 
25-22 
16-18 
先発メンバー 

#2 岸本

#9 関

#20 坂本

#22 滝川

#26 久永

#28 平井

L #14 藤川

途中出場 

第1セット

#9 関 → #15 小阪 → #9 関

#26 久永 → #18 脇谷

第2セット

#28 平井 → #4 星川

#26 久永 → #15 小阪 → #26 久永

#9 関 → #18 脇谷 → #9 関

第3セット

#9 関 → #15 小阪 → #9 関

#26 久永 → #18 脇谷

第4セット

#22 瀧川 → #18 脇谷 → #22 瀧川

#26 久永 → #24 髙山 → #26 久永

#9 関 → #15 小阪 → #9 関

第5セット

#9 関 → #15 小阪

#22 瀧川 → #18 脇谷 → #22 瀧川

戦評 

第1セット

序盤、フェイントが拾いきれなかったりレシーブが返せず、関学バレーが展開できない。更にブロックもうまく機能せず3-7と流れを相手に掴まれる。そこで瀧川(人2)がパワフルなスパイクを決めるが、ブレイクできず5-8と点差が縮まらない。更にセッターとスパイカーが噛み合わず3連続失点、8-13でタイムアウトを取る。タイム明けに平井(経1)のツーアタックや岸本(国4)の鋭いインナースパイクで徐々に巻き返していく。ピンチサーバー小阪(社3)が見事サーブで崩し、ブレイクを重ねる。相手のミスも続き、17-20と点差を縮める。終盤、坂本(社2)が3枚ブロックを突き破るスパイクを決めるが、相手の攻撃を拾いきれず20-25でこのセットを落とす。

 

第2セット

セッターが星川(人4)に代わり、コート内の雰囲気も一変する。早速、星川のサービスエースが決まり、3-1とリードする。流れを掴んだ関学は瀧川と坂本で得点を重ね9-5と点差を広げる。相手の高い攻撃に対応できず得点を許してしまうが、星川の1枚ブロックが決まり、更に勢い付いた関学は12-7と5点リードする。瀧川の強烈なスパイクや星川のサービスエースで終盤までその点差を保つが、こちらのミスが続き22-22と追いつかれる。エース岸本が決めていくが、相手のスパイクが拾えずシーソーゲームに。最後は岸本がブロックされてしまい、25-27で惜しくもこのセットを落とす。

 

第3セット

序盤、前セットの流れでシーソーゲームが続くが、星川のツーアタックで9-7と一歩リードする。しかしこちらのミスが続き12-12と追いつかれ、再びシーソーゲームが展開される。関(経3)のブロックポイントや瀧川のブロックを弾き飛ばすスパイクで得点を重ねるが、ブレイクできず17-17と前に出ることができない。途中出場したピンチサーバー脇谷(理2)がサーブで崩し、岸本がブロックを決める。これをきっかけに流れを掴み、久永(文1)もブロックポイントを取る。関の早いクイックアタックと岸本のブロックをもろともしないスパイクで得点を稼ぐ。そして25-21でこのセットを取る。

 

第4セット

序盤、コンビミスやスパイクミス、サーブミスが続き1-6で2度目のタイムアウトを使ってしまう。その後も全てが噛み合わず2-12とリードを許してしまう。そこで久永が意地のスパイクを決め切り、負けじと岸本も強烈なスパイクを決める。また、ピンチサーバー小阪のサービスエースで7-12と徐々に巻き返していく。だが再びミスが続き13-20点差が開いてしまう。下級生ながらも瀧川が苦しいトスでも打ち切って点をつなげたことがきっかけで関学に火が付く。久永のブロックシャットアウトに続いて星川もブロックポイントを取る。点差を縮めるためにエース岸本にトスを集め、全て打ち切り19-21まで点差を縮める。更に本日4本目のブロックを久永が決め、22-22と追いつく。最後まで岸本が奮闘し、25-22でこのセットを見事勝ち取る。

 

第5セット

最終セットもやはり、エース岸本にトスが集まる。そのためきっちり2枚ブロックが付いてくるが、そのブロックを弾き飛ばすパワースパイクを打ち込む。6-4とリードするがサーブミスが続き7-7。瀧川の強烈なスパイクが決まるが、フェイントを拾いきれず8-8。岸本の攻撃と相手のミスでリードするが、ブロックが対応できず10-10となる。その後、両チーム強烈なスパイクを打ち込みあいシーソーゲームが展開される。瀧川、岸本が奮闘するがデュースに持ち込まれる。坂本も冷静に相手コートを見て攻撃するが、最後は相手の強烈なジャンプサーブによって点を取られ、16-18でこのセットを落とす。

 

結果、セットカウント2-3で同志社大学に敗北する。(法4 今村)

10月24日(土)

vs 京都産業大学

関西学院大学

 

    京都産業大学
 
 
 
 
先発メンバー   
途中出場   
戦評   

10月25日(日)

vs 天理大学

関西学院大学

 

     天理大学 
 
 
 
 
先発メンバー   
途中出場   
戦評